池袋・助成金安心サポートセンター(山田社労士事務所)|助成金で採用力・定着率向上・組織活性

助成金の制度を活用して、採用力の強化や定着率の向上などの人事機能を強化することを支援します!

ホーム ≫ お知らせブログ ≫

お知らせブログ

【キャリアアップ】正社員転換対象者の求人票について

今年度のキャリアアップ助成金パンフレットのうち、正社員化コースにおける変更点がありました。

対象となる労働者として「正規雇用労働者等として雇用することを約して雇い入れられた有期契約労働者等でないこと。」と以前から記載されておりましたが、
今年度から対象にならない労働者として

正社員求人に応募し、雇用された者のうち、有期契約労働者等で雇用された者が追記されました。(15ページ)


 
キャリアアップ求人



有期契約労働者として雇入れた者を対象とするのですから、有期契約労働者を募集する求人票により雇用した者を対象にするのは当然のことですが、
今年度のパンフレットは「正社員求人に応募して雇用した者は対象にしない」旨をわざわざ明記してきました。

正社員の求人票で応募した求職者に対して、面接時等に「最初の6か月間は有期契約です」と言って正社員転換の対象者に挿げ替えていませんか?
有期契約社員の求人票で応募者を集めることは難しい場合もありますが、正社員求人に応募した人を有期契約として雇入れ正社員転換対象者とするのは不正になります。
有期契約として雇入れるのであれば改めて有期契約社員の求人票を交付し、有期契約としての求人に応募しなおしてもらってから雇入るなどの対応が必要です。
★有期契約社員の求人票の例


転換試験も、面接試験や筆記試験等の適切な手続きとして実際に行われることが、以前にも増して重要視されるようになってきました。
採用の経路や正社員転換をするときの審査など様々な点でちゃんとした手続きを経て支給申請しなければならないことを理解しておきましょう!!
2019年05月28日 15:00

【追記】人材確保等支援助成金(働き方改革支援コース)

人材確保等支援助成金(働き方改革支援コース)のパンフレットが公開されました。
https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000496592.pdf
下記に当該助成金の概要と流れをまとめます。

なお、当助成金の支給を申請するには、時間外労働等改善助成金の支給決定通知書が必要になります。(時間外労働上限設定、勤務間インターバル、職場意識改善)
※計画書の提出時点で支給決定前の場合は、交付決定通知書があればOKです!!

時間外労働等改善助成金については、こちらをご覧ください。
【時間外労働等改善助成金】


働き方改革支援コース改

【様式第1号】雇用管理改善計画書
【様式第1号別紙】雇用管理改善計画の概要票
【様式第6-1号】計画達成助成 支給申請書
【様式第6-2号】目標達成助成 支給申請書
【様式第6号別紙】雇用管理改善計画の概要票


さらに細かい情報を収集してまいりますので、把握し次第公開いたします。

※計画書の添付書類として、交付決定通知書で代替可能であることを追記(2019/5/20)
2019年05月20日 18:00

時間外労働等改善助成金(働き方改革支援コース必須)

人材確保等支援助成金(働き方改革支援コース)の申請には、時間外労働等改善助成金の支給を受けている必要があります。

その時間外労働等改善助成金のうち、働き方改革支援コースの対象となるコースは、次の3コースになります。
 ①時間外労働上限設定コース   
https://www.mhlw.go.jp/content/11200000/000498227.pdf
 ②勤務間インターバル導入コース https://www.mhlw.go.jp/content/11200000/000498203.pdf
 ③職場意識改善コース      https://www.mhlw.go.jp/content/000498236.pdf

その3コースの概要を下表にまとめます。

時間外労働等改善助成金

時間外労働等改善助成金は、研修・周知・啓発の実施や機械・器具の導入等のために時間外労働削減等のために支出をすることが前提であり、その経費の一部を補助する助成金です。

また、いずれのコースも労働時間等の設定改善のための労使の協議体を作り、労働時間等に関する苦情・意見・要望を受け付ける体制を構築することが必須の条件になっています。

したがって、本気で労働環境の向上に取り組みたい事業主様にとっては、魅力のある助成金であると言えるでしょう。

また、人材確保等支援助成金(働き方改革支援コース)を申請するためには、上記助成金の支給決定通知書の提出が必須となります。

具体的な取り組みについてのご相談は、お気軽にお問い合わせください。
2019年04月04日 12:00

トライアル雇用助成金の対象者が変更されました!

平成31年4月1日から、トライアル雇用助成金の対象者の一部が変更されました。

新たに対象者に追加されたのは、次の区分の人です。
 ・ニートやフリーター等で45歳未満の人
 ・生活困難者   


一方、対象者区分が廃止されたのは、次の区分の人です。
 ・就労経験のない職業に就くことを希望する人
 ・学校卒業3年以内で、卒業後安定した職業に就いていない人


詳しくは、次のパンフレットを参照してください。
https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000497202.pdf
2019年04月02日 18:30

同一労働同一賃金対策で、非正規一人あたり22.5万円?!

【平成31年4月2日追記】
雇用・労働分野の助成金のご案内[詳細版]に掲載された、
『キャリアアップ助成金_短時間労働者労働時間延長コース』の部分を抜粋します。[詳細版]




同一労働同一賃金法に企業が対応することを支援するために、資金的な援助策としてキャリアアップ助成金を拡充する方針であるようです。


一例として、中小企業が非正規労働者の所定労働時間を5時間以上延長し社会保険を適用した場合、原則一人あたり225,000円を支給するとのことです。
その他、非正規労働者の賃金引き上げ率に応じて助成金が支給される仕組みも予定されているようです。(労働新聞)

 

ひきつづき、新制度の仕組みについて注目してまいります!

2019年04月02日 18:00

【追記】働き方改革支援コース(人材確保等支援助成金)

※平成31年4月2日追記
平成31年度版の人材確保等支援助成金のパンフレットが公開されました。
働き方改革支援コースの部分を抜粋します。
『働き方改革支援コース』

下記で【対象となる事業主】として挙げた時間外労働等改善助成金については、今年度に支給決定された事業主だけではなく、
平成30年度と平成29年度の『旧職場意識改善助成金』も対象になります。



【新設制度の概要】
雇用管理改善のための計画を策定し、新たに労働者を雇い入れ、及び人員配置の変更、労働者の負担軽減、その他の雇用管理の改善に取り組んだ事業主に対して支給する助成金制度。

【対象となる事業主】
時間外労働等改善助成金(※)の支給を受けた中小企業事業主。
時間外労働上限設定コース勤務間インターバル導入コース職場意識改善コース限定。
※リンク先は平成30年度の制度です。平成31年度の制度改正があった場合は、改正内容にしたがってください。

【支給額】
     支給金額    生産性要件満たす場合
新規雇用一人あたり 60万円/人 75万円/人
短時間労働者の場合 40万円/人 50万円/人
※10人分を上限とする。

上記の情報は、現時点で開示されている制度の概要です。
雇用管理改善のための計画とはどのようなものか、雇用管理改善とは具体的にどのような取り組みか、詳細な情報が分かり次第情報提供していきます。
 
2019年02月26日 12:00

ほとんどのご依頼者は助成金未経験。でも大丈夫!

 

 

助成金を活用したいが難しそうだなぁ…

と、お考えの方もいらっしゃると思いますが、ご安心ください!

 


当所にご依頼のお客様のほとんどがはじめて助成金にチャレンジされています。また、その多くが従業員10人未満、人事担当者もいらっしゃいません。

書類の作成や役所への届出等、面倒な部分のほとんどを代行するので心配無用です。


未経験のご依頼者さまでも、助成金の成功実績は98%以上!(着手した全案件計算)
安心して助成金の申請をおまかせいただけます!

 

ただし、厚労省管轄の都道府県労働局長のもと審査される助成金なので、
次の条件は満たすことが求められます。


■労働諸法令に違反がないこと。
 ・残業代などの未払い賃金がないこと
 ・最低賃金を下回っていないこと
 ・社会保険、雇用保険に加入していること
 ・出勤簿、賃金台帳を作成していること
 ・就業規則を作成し、適正に運用していること

 

もちろん、はじめから完璧に運用できていなくても大丈夫!
専門の社会保険労務士が、適切に運用をサポートいたします。

 

助成金のために労働法を見直したおかげで、未然に労務トラブルを防げた!
そんなケースもあります。
助成金ももらえて、労務トラブルの回避もできる!そんなことも起こるのです。

 

少しでも気になった方は、お気軽にお問い合わせください。

2019年01月28日 09:00

ホームページを開設しました。

助成金で採用力・定着率向上!組織活性化!

池袋・助成金安心サポートセンター(山田社労士事務所)のホームページを開設しました。

1998年創業。スタートアップからIPOまで企業の成長をサポートしてきました。
ただ助成金を受給するだけではなく、組織の基礎体力を固める支援が得意です。
助成金の制度を活用して、助成金をGetしつつ、採用力の強化や定着率の向上などの人事機能を強化することを支援します!

2019年01月23日 10:00

無料シミュレーション受付

ヒアリングした後、シミュレーションいたします。

社会保険労務士法人   エクシア&パートナーズ

TEL:03-5911-1279

〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-26-5
アイ・アンド・イー池袋ビル3階

営業時間 10:00~18:00
定休日 土・日・祝日

無料相談はこちら

サイドメニュー

モバイルサイト

池袋・助成金安心サポートセンター(エクシア&パートナーズ)スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら